本文へ移動

法人沿革

 めぐみ厚生センターは、1952年(昭和27年)に社会福祉法人の認可を受けました。その後、当センターを利用される方達のニーズに合わせて事業を拡大し、複数の事業所の運営を行ってまいりました。2011年4月には障害者自立支援法に基づく新体系への移行を完了しました。現在、指定障害者支援施設(2施設:施設入所支援事業、生活介護事業、短期入所事業・日中一時支援事業)・生活介護事業(2施設)・放課後等デイサービス(1施設)・共同生活援助事業(10カ所のグループホーム)・居宅介護事業(1施設)・移動支援事業(1施設)・社会生活支援事業(1施設)・指定特定相談支援事業(2施設)の運営を行っています。
1950年 10. 1
めぐみ園が佐賀市赤松町西堀端の仮住居にて開所
1952年  4.16めぐみ園が佐賀市松原町中の小路に移転、入園式を挙げる
     5. 5
めぐみ園が知的障害児施設として認可を受ける 定員10名
     7.30
めぐみ厚生センターが社会福祉法人の認可を受ける
1955年  5.30 めぐみ園が、多布施町625番地に移転し新園舎の落成式を挙げる(国・県補助)
1963年  1. 1
めぐみ園養護学校設置許可を受ける
1966年 12.23富士学園が精神薄弱者福祉法による援護施設として認可を受ける
1967年  2. 1富士学園が開園(めぐみ園内に併設)定員20名
1968年  4. 1
富士学園が佐賀郡富士町内野に移転本館完成(国・県費補助)定員60名(7.1 定員80名)
1981年  4. 1富士学園重度棟完成(日本船舶振興会補助)定員110名
1989年 12. 2オリーブ寮を福祉ホームとして開設
1990年 12.18新オリーブ寮完成(日本自転車振興会補助)
1996年 10. 1富士学園新園舎完成(国・県費補助)定員120名
2002年 12. 1グループホーム『ピースハイム高木瀬』開設
2003年 10. 1グループホーム『ピースハイム富士』開設
2004年  1. 1 
めぐみ園が東与賀町大字飯盛1584に知的障害者入所更生施設として移転 定員80名(県・国費補助)
       1. 1
めぐみ園内に知的障害者デイサービス『どりぃむ』設置 
      10. 1
ウイズ富士が佐賀郡富士町内野に開設 定員40名
      10. 1
グループホーム『ピースハイム富士Ⅱ・川久保・多布施・鍋島』開設
2006年   4. 1
グループホーム『ピースハイム金立』開設
      10. 1
『どりぃむ』が新体系(生活介護事業)に移行する 
      10. 1
めぐみ園内に地域活動支援センターを設置 定員10名
      10. 1
オリーブ寮を『オリーブ』と改称し地域移行型ホームへ事業変更
      10. 1
『ピースハイム富士・富士Ⅱ・川久保・多布施・金立・鍋島』を一体型共同生活介護・援助事業へ変更
      10. 1
『ピースハイム緑小路』を一体型共同生活介護・援助事業所として開設
2009年   4. 1
『ピースハイムめぐみ・金立Ⅱ』を一体型共同生活介護・援助事業所として開設
      10. 1
『オリーブ』を一体型共同生活介護・援助事業へ変更
2010年   4. 1
児童デイサービス『はっぴぃ』を開設 定員10名
2011年   4. 1
めぐみ園が指定障害者支援施設(入所支援・生活介護)定員80名として新体系事業に移行
       4. 1
富士学園が指定障害者支援施設(入所支援・生活介護)定員80名として新体系事業に移行
       4. 1
ウイズ富士が指定障害者支援施設(生活介護)定員60名として新体系事業に移行
       4. 1
居宅介護事業所『きらら』開設
2013年   4. 1
指定特定相談支援事業所『ひまわり』をめぐみ園内に開設
       4. 1
指定特定相談支援事業所『カノン』を富士学園内に開設
       4. 1
『ピースハイム富士Ⅲ』を一体型共同生活介護・援助事業所として開設
社会福祉法人 めぐみ厚生センター
〒840-0841 佐賀県佐賀市緑小路1-3
TEL:0952-63-0107
FAX:0952-64-2653
0
9
2
6
6
6
TOPへ戻る